【Amazon輸入】ビジネス実践報告(2016年12月)

Pocket

2016年12月からAmazon無在庫輸入ビジネスを始めて約3ヶ月半が経過したが、

ビジネススタート時から現在、そしてこれから、
の行動や実績、所感などを月ごとにまとめていきたいと思うので、
これから当ビジネスを始めれる方は参考にしてもらえればと思う。

今回は輸入ビジネスをスタートした昨年の12月を振り返る。

以下はアマゾン管理画面から取得した売上実績のキャプチャだ。
(売上の数字とグラフ以外はマスクさせてもらうことは了承してもらいたい)

 

12月16日に大越さんの無在庫輸入コミュニティである「MYC」に入会後、
コミュニティ生専用の教材や、
一般販売されている「Amazon無在庫輸入のすすめ」を参考に
Amazon無在庫輸入ビジネスをスタート。

スタートしてからの数日で各種教材の読み込みや
MYC提供のツールや仕組みをだいたい理解し、
輸入商品の初出品は21日、初売上は23日だった。
(同時期にMYC入会した同期の中では初売上は私が最速)

この初出品、初売上を達成するのに1ヶ月くらいかかる人もいるが、
私は1週間くらいで初売上を達成することができた。

ツールの仕様や仕組みを理解することが前職の関係で得意、
というのは私がスムーズにスタートができた理由の1つだと思う。

しかし、もっと大きな理由は、物販ビジネスを始めるにあたり、
常に私が強く意識している以下のことだと考える。

「まずは経験する」

物販ビジネスで結果が出ない人に多く見られるのが、

「売れた後のことを心配しすぎて行動が止まってしまっている」

ことだ。

もちろんAmazonのルールや法律的なことは
ある程度事前に理解する必要はあるが、

「赤字が怖い」、「売れた後の対応が不安」

といったことを気にしすぎてしまうのは、
とても非効率だと思う。

まずは売ってから考えた方が、
周りに具体的な質問もしやすいし、理解もしやすい。

特に、塾やコミュニティなどに参加して
ビジネスをスタートする場合は、
早めにいろいろ経験した方が環境を有効に利用できるというメリットもある。

これから始める皆さんはぜひ

「まずは経験する」

ことを意識してもらいたい。