【Amazon輸入】ビジネス実践報告(2017年2月)


今回は、Amazon輸入ビジネスを始めて2ヶ月目となる
昨月(2017年2月)を振り返る。

1月の下旬にサスペンドになった後、約2週間後にサスペンドが解除された。
今回のこのサスペンド処分は同タイミングで多くのAmazon輸入セラーがされており、
サスペンド解除も同タイミングだったということを考えると、

Amazonとして、今後は「セラーの健全性を厳しく見ていくぞ」
という意思を表すものだったのかもしれない。

このことを、視点を変えて考えると、
優良なセラーは残り、そうでないセラーは淘汰されるということだ。

ではこのAmazonが考える優良なセラーとはどんなセラーなのか。
ということをきちんと考えることで、参入障壁を作ることができると思う。

私が実際に心がけている、
「Amazonに良いセラーだと認識してもらう」
ための行動についてはまた別の機会で述べたい。

サスペンド解除後は、順調に売上のペースをサスペンド前に戻すことができ、
月商770万円
という前月を上回る売上を達成した。

まだ厳密な利益計算はできていないが、
先月と同等以上の利益率で販売しているので、
間違いなく月収100万円には届いていると思う。

また、2月は業務の外注化を進めたため、
1月と比べて時間的な余裕を持つことができたのは大きな成果だった。
まだまだ、全自動というところまではできていないが、
だいぶ手離れで稼げる流れになってきたと思う。

3月は「完全手離れで月収200万円」を目指して
業務の仕組化をさらに進めていきたい。