【自己紹介】許せないこと


今回も自分の感情が出やすい表題だけに、
少々毒舌になってしまうと思うがご容赦いただきたい。

人が腹を立てたり、許せないと感じるのは、
自分の価値観や常識と違う出来事があった場合だ。

逆の見方をすると、
自分が許せないと思う気持ちが強いほど、
そこに自分の強いこだわりがあると言える。

では、私が最近で強く腹を立てたことは何だろうと考えてみると、
なかなか思い出せない。
それは私が楽観的な性格であまり強烈に腹を立てたりという
ことがあまりないからかもしれない。

しかし、もちろん許せないと思うことはたくさんある。
このブログで私の日常の許せないことを挙げていっても
興味がない人が多いと思うので、

私がこれまで2年間で感じたこのネットビジネス業界について、
私の個人的な思いを語りたい。

このネットビジネス業界を知ってから、
毎日のように「マインド」という言葉を聞くようになった。
これまで会社員時代には一切聞いたことのない言葉だ。

私はこの「マインド」という言葉がすごく嫌いだった。

簡単、誰でもできると甘い言葉で高額商材を売ったあとは、
「マインド」論のみ連発して、たいしたノウハウも提供せずに
稼げないのを購入者の責任にする指導者。

ネットビジネスを初めて1年くらいは「マインド」という言葉は
そんな偽指導者達のリスク回避の言葉のように思えていた。

もちろん、稼ぐために最も重要なのはノウハウではなく、
「考え方」つまりは「マインド」ということは間違いないことであり、
間違ったことは言ってないと思う。

ただ、指導者としてそれだけを稼げない理由にしてしまうのはどうかと思う。

マインドが足りないという人に、足りないというだけなら誰でもできる、
それに対してどうやったら稼げるマインドを身につけてもらえるのか、
どうやったらそういう人にでも稼がせられるのか。

教えられる側が指導者に頼り切るのは良くないと思うが、
指導者としては、きちんとそこまで責任を持ってほしい。

残念ながら、このネットビジネス業界にはそのような指導者がとても多いのが現実だが、
中にはそこに対してきちんと向き合い指導している方達も存在する。

実際、今の私もそのようにきちんと向き合うような指導者の方々に
自分の足りない部分を指導してもらっており、
最近では「マインド」という言葉に嫌悪感はなくなった。
(実際、当ブログのカテゴリ名にも「マインド」という言葉を使っている)

これは、きちんとした指導者に巡り合うことができたからだと思う。

なかなか、指導者を見極めることは難しいと思うが、
その指導者の教え子達の本物の声をなるべく収集し、
間違った指導者を選ばないよう、私のブログの読者様達には注意していただきたい。

身の丈を考えず、生意気な発言だと自分でも思うが、
今後も自分の正直な気持ちを発信していきたいと思う。