【自己紹介】ストレスからの自己分析


私は楽観的な性格で、あまり「ストレス」を多く感じない方だと自分では思ってはいるが、
今までの自分を振り返ると、ストレスを感じる状況や事象をはっきりと自己認識できる。

もちろん、人間として本能的に感じるストレス(たとえば悪臭とか騒音とか)は
多くの人と同じだと思うが、仕事、ビジネス面で私が感じるストレスは何か?

と考えると以下の3つがすぐに思い浮かぶ。

1、自分が行動していることの目的や理由が分からずに、ただやらされている状況

2、同じ作業を繰り返す日々

3、気を使う上司や気が合わない知人との生産性のない飲み会

言うまでもなく、これらは私がサラリーマン時代に感じることが多かったストレスであり、
私が起業した理由でもあると思う。

特に「1」の、目的、理由が分からずに「やらされている」状況については、
人一倍ストレスを感じる方だと思うし、良くも悪くも、私の大きな特徴でもあると思う。

会社員時代にこんなことがあった。

部長の命令に対して、その目的や理由が分からなかったので、
部長に直接「それは何のためですか?どういう目的ですか?」

と聞いたら、部長はその場できちんと説明してくれたが、
その後、副部長に呼ばれ、こう言われた。

「〇〇部長のことは100%信じればいいんだ。そうすれば間違いない」

その部長はとても仕事ができる方なので私も尊敬はしていたが、
この副部長の言葉にはまったく納得がいかなかった。

「信じることと、理由、目的を理解することは違うだろう?」

そのように言い返すことはしなかったが。。

きちんと納得する理由を聞こうと思わない周りの同僚も含め、
自分とは考え方が大きく異なる、ということをすごく感じた時だった。

当然ながら、現在私が取り組んでいるネットビジネスにおいても、
その考えは私の根本にある。

なぜこのビジネスは稼げるのか、なぜこういう仕組み、環境が必要なのか、
なぜこの行動が必要なのか。

きちんと私の中で理解、納得をした上でいつも行動をしている。

なので、私はその行動が失敗だったとしても絶対に誰かのせいにはしない。
(そもそもすべては経験なので、失敗とも思わないが。。)

ここからはかなり毒舌になってしまうが、
このブログでは一般的な賛否に関係なく、私の考えを率直に発信すると決めているので、
言わせてもらうと。。

そのように何事も納得しないと行動できない人に対して、

「素直になれ」、「まずは何も考えずに実績者の言うとおりにやれ」

という指導者がこのネットビジネス業界にはすごく多いと感じる。

その言葉の裏に明確な根拠があり、敢えてそれを言う段階ではない、
と判断されている指導者ならいいが、

理由を説明できるだけの論理的な根拠を持っていない、もしくは、説明するのが面倒、
と思っている指導者も多いので注意が必要だ。

たしかに、まずは行動しなければ理解できない、ということがあるのも事実だし、
「素直」に何でも言うことを聞く人のことを悪く言うつもりはないが、

そこに自分の「考え」や「理解」、「疑問」をまったく持たない人が、
個人で稼ぎ続けることができるとは私は思えない。(短期的に稼ぐことはできると思うが。。)

とはいえ、頭でっかちになり、人の意見を聞かない、
というようになっては絶対にダメだめなので、
そことのバランスはとても難しいと思っているが、

人を指導する時に、きちんとその理由や目的を伝えることは
最低限必要なことだと思うし、

私が人を指導する時もそこは常に意識していきたいと思う。