根性物販からの脱却!稼ぎを加速させるツール活用術


国内転売、輸出ビジネス、輸入ビジネスを始めて少し稼げてきたあなた、

リサーチ、出品、出荷、梱包に顧客対応。。

 

ネットビジネスで自由になりたいと思っているのに、

単純作業の繰り返しだけで時間を奪われていませんか?

 

毎日、寝る時間を削って、頑張っているあなたはとても素晴らしいですが、

そんな生活を続けることがあなたが求めている姿ではないですよね?

 

もしくは、外注化をしたけども、スタッフの教育や質問回答に日々追われる。

やっと慣れてきたと思ったら、簡単に辞めてしまって、また募集して教育。。

そんな状況になっていませんか?

 

物販ビジネスに置いて作業の外注化は必要ですが、

非効率な作業をそのまま外注化してしまうと、

スタッフが増えて管理が大変になるうえに、人件費も高くついてしまいます。

 

あなたは、なぜ効率化できないのか?

あなたがなぜ毎日単純作業を繰り返してしまい自由になれないのか?

以下に該当しちゃってませんか?

 

1、地味で面倒な作業をたくさんすることが美徳で、
楽をすることが悪いことだと思っている。

 

2、単純作業を繰り返すことが当たり前だと思っている。

 

3、自分の作業の何が効率化できるのか、
どうやって効率化できるのかがわからない。

 

1か2の方が意外と多いのですが、あなたは大丈夫ですか?

なんとなく、日本人として根性主義的な教育を日々受けているので、

 

意識的に効率化させようと強く思うようにしないと、

なかなか効率化することはできません。

 

ただ、効率化させる!

という意識があっても、3の理由で実際にどうやって効率化すればいいのか、

分からないと思います

 

単純作業はツールで効率化させる!

外注化を考える前に、まずはこう考えることが重要です。

 

ツールに単純作業を任せることができれば、外注スタッフの都合で作業が滞ったり、

いきなり辞められて困ることもありません。

 

また、外注スタッフにツールを動かすことだけをお願いすればいいので、

人件費も最小限で済みます。

 

とはいっても、

自分のどの作業がツールでできるのか、できないのか、

分かりませんよね?

 

実は、あなたが面倒だと思っている単純作業の

ほとんどはツールで解決することができるんです。

しかも、けっこう簡単に。

 

ほんとに?

と思うかもしれませんが、本当です!

 

まずは、自分の今の作業が、

どういうツールがあれば効率的になるのか?

ということを考えてみてください。

 

無料 / 有料ツールを使いこなす!

あなたの作業が一般的なものであれば、その作業を効率化させるツールは

世の中にたくさんあり、多くが無料で使うことができます。

 

まずは、

どういうツールが存在して、

どういうことができるのか、

 

これをたくさん知っていることで、

あなたの作業効率は大きく変わってきます。

 

有料のものであっても、

それほど大きな出費なく利用できるものも多いので、

無料だけにこだわらずに広く選択肢を持つことも重要です。

 

ツールを開発する!

あまり一般的でない作業については、

世の中に既存の無料、有料ツールが無いかもしれません。

 

そんな時でも、

「こんなツールがほしい」と言えば安い値段で

すぐに作ってくれる方が世の中にたくさんいます。

 

実際にLancersやCrowdWorksなどのクラウドソーシングサービスを利用して、

ツール開発をお願いしている人はとても多いです。

 

しかし、この「ツール開発をお願いする」という行為。

場合によっては、非常に高いリスクが伴っていることを理解しておきましょう。

 

あなたが自分の家を建てたいと思った時に、

大工さんに直接お願いしますか?

 

しませんよね?

 

自分の要望を建築士という方に相談して、

建築士の方の設計をもとに大工さんに家を建ててもらうと思います。

 

実はシステム開発の世界も同じなんです。

 

建築業界ほど明確に役割分担はされてはいませんが、

システム開発の業界も、

 

物を作る人(プログラマー)と

設計する人(システムエンジニア)に分かれています。

 

プログラマー = 大工さん

システムエンジニア = 建築士

 

って感じですね。

LancersやCrowdWorksには多くの「プログラマー」が存在しているので、

あなたがツール開発をお願いする方が

「プログラマー」である可能性が高いです。

 

プログラマーは基本的には決まっている仕様通りに作る人なので、

仕様をしっかりと伝えないと作ってくれません。

 

ただ、システムエンジニアではないあなたが、

的確な指示をプログラマーに出せるわけはありませんよね。

 

なので、お金を払って作ってもらったけど、

思うようなものができなかった。

それを指摘したらさらにお金を請求される。。

 

ただ途中まで作ってもらったので引くに引けない。。

そんな失敗談をよく耳にします。

 

ツール開発をお願いする時は、

言った通りにしか作ってくれないプログラマーなのか、

きちんと意図を汲み取って設計もしてくれるシステムエンジニアなのか、

見極めてお願いするようにしましょう。

 

まとめ

ツールを使って効率化させたい、

ツールを開発したい、

と思っても、

 

・自分のどの作業がツールで効率化できるのか?

 

・どういうツールが世の中にあって、どういう時に使えるのか?

 

・ツール開発をお願いする時には何を気を付ければいいのか?

 

これらをきちんと考えれることができないと、

なかなかうまくはいきません。

 

IT業界の最前線で数多くのシステム開発を手掛けてきた私の経験をもとに、

私の公式メルマガでは、これらのツールに関する知識を皆さんにお伝えしています。

 

私の知る限り、このようなメルマガは他にはないと思いますので、

ぜひ以下より購読登録してみてください。

 

https://eiji-aki.com/p/r/PzajBnxN

 

ツールを活用して自由を手に入れたい!

稼ぎを加速させたい!

 

という人には必ずお役に立てると思いますよ!